投稿日:

株式会社設立に必要な書類

会社設立は個人事業主と違っていくつかのステップを踏んでいかなければならず、その際に必要な書類もいくつかありますから、必ずチェックしておかなければなりません。
一般的に会社設立と言えば株式会社を選択する人がほとんどだと思いますので、ここでは株式会社設立の際に必要になる書類を紹介したいと思います。

まず株式会社設立の最初のステップとして定款の作成があげらますが、これは会社設立するうえで非常に重要な書類になります。
定款は会社の基本事項となる会社名や会社の所在地、事業内容に加えて資本金や会社の組織図となる機関設計などを記載した書類で、いわば会社のルールブックともいえるものです。

株式会社の場合は公証役場で定款の認証手続きが必要になりますので、定款の作成が終わったら認証手続きのために公証役場へ行きます。
その際に必要になるのが作成した定款3部と発起人全員の印鑑証明書です。
印鑑証明書は発起人の住んでいるところの管轄の市町村役場へ行って取得できますから、あらかじめ取得しておきましょう。
同時に発起人の実印や身分証明書、認証手数料の50,000円や謄本手数料の2,000円なども必要になります。

そして定款の認証が終わったら資本金の払い込みを行い、法務局で登記申請を行います。
登記申請が終わると晴れて法人として認められたことになりますから、会社設立自体は完了になりますのでとても重要な工程です。

登記申請時に必要になる書類は登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙、 定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書、登記すべきことを保存したCD-RかFDになります。
これらはとても大切な書類ですから、法務局へ行く前に必ずひとつひとつ漏れがないかチェックしてください。
以上が株式会社を設立するときの必要な書類になります。