投稿日:

株式会社のメリット

これから会社設立したいと考えている人のほとんどは株式会社を検討していると思いますが、株式会社を設立するメリットはどんなところにあるのでしょうか?
これはいくつかありますが、まずは何と言っても社会的な信頼度の高さが上がるという点に尽きます。

実際に法人化してみると分かるのですが、個人事業主をやっていたころはある程度限られたコミュニティの中での付き合いしかなかったのが、株式会社にしたことによってその幅が広がり企業そのものを成長させられる可能性が高くなります。
なぜなら仕入れ先や取引先となる企業の中には個人事業主とは取引しない、株式会社としか取引したくないというところも多いですから、それだけ信頼度が高いのです。
もし自分が取引先として選ぶときに同じ条件なら個人事業主よりも株式会社を選ぶのではないでしょうか?

次に税金の面でもメリットになる部分があって、株式会社になるということは法人化するということですから会社にかかる税金は法人税となります。
法人税は法人住民税・法人事業税を合わせた実効税率で34.62%と定められていますが、個人事業主は個人の所得なので所得税になるため、所得が多くなればなるほど税金の負担も大きくなってしまいます。
ある程度利益が出るようになってそれが安定してきたら法人化を検討する時期にあると思っていいでしょう。

ほかにも有限責任があるという点もメリットで、個人事業主の場合は個人の借り入れや負債はすべて個人の責任になってしまいますから、丸ごと背負わなければなりませんが、株式会社の場合は出資金の範囲内での責任となりますので場合によっては負担が軽くなる可能性があります。
ただし株式会社でも会社としてのではなく個人としての借り入れ・負債に関しては個人の責任になりますので注意してください。
このように株式会社にはたくさんのメリットがあり、まだまだありますからこれから会社設立したいという人は調べてみましょう。