投稿日:

株式会社のデメリット

会社設立を検討している人の多くは株式会社を設立したいと考えていると思いますが、メリットばかりに注目するのではなくデメリットの部分にも目を向けておかなければなりません。
起業するときに成功するか失敗するのかの分かれ道はリスクマネージメントがしっかりできるかどうかで決まるとも言われていますから、デメリットの部分を把握しておくことで未然に対策を練ることができます。

それでは株式会社を設立するデメリットにはどんなことがあげられるのでしょうか?
まずひとつめは税金についてで、ご存じの方がほとんどだと思いますが、個人事業主は所得が個人のものとなりますので所得税を納めますが法人の場合はそれが法人税となります。
一定の金額を超えると所得税よりも法人税のほうが安くなるので、これはメリットでもありますが一方で法人税は赤字になっても納めなければなりません。
所得税の場合は所得が発生するからこそかかる税金なので所得がなければ所得税もかかりませんから、この点はデメリットと言えるでしょう。

次に個人事業主ははじめるときに開業届を出せばすぐにスタートできますが、株式会社を設立するとなるとそうはいきません。
株式会社を設立するためには、まず基本事項となる会社名や会社の事業内容、会社の所在地、会社の組織図となる機関設計、資本金を決めてそれを定款と呼ばれる書類にまとめる必要があります。

定款の作成ができたら公証役場へ行って認証手続きを行いますが、このときに認証手数料が50,000円かかりますしその他手数料もかかります。(紙の定款の場合は印紙代40,000円もかかる」
定款の認証が終わったら資本金の払い込みを行い、法務局へ行って登記申請手続きをしなければなりません。
登記申請時には必要書類を持って登録免許税150,000円を納めなければなりませんし、金銭的にも負担がかかりますし手続きそのものも面倒です。
ほかにもいろいろなデメリットはありますので、あらかじめ調べておきましょう。