投稿日:

上場するためには

会社設立する際に株式会社を選択する人はまず株式の上場について調べておかなければなりません。
株式会社の最大の特徴は株式を上場できる点にあり、これには大きなメリットがあります。

株式の上場は証券取引所から行われ、上場することによってたくさんの人の目につく場所に自分の会社が出ていきますので、それだけ知名度を広げるチャンスになります。
また、自分の会社の株式を買ってもらうことによって資金調達が可能になりますから、株式を買ってくれる人が増えればそれだけ資金も潤沢になり運営もしやすくなります。
つまり会社を拡大していくうえで株式の上場は欠かせない要素であり、これは株式会社の最大のメリットと言ってもいいでしょう。

株式を買ってくれる人のことを株主と呼び、株主にあたる人は証券取引所を通じて自由に売買することが可能ですが、自分の会社の株式を持っている場合は割合に応じて様々な権利を持つことになります。
株主はただ株式を買ってくれる人というわけではなく、利益が出た分を配当金という形で還元しなければならないので上場している株式会社にとっては経営を一緒に行う同士という感覚のほうが近いかもしれません。
株主総会が開催されれば、そこで会社の運営状況などを報告する必要がありますし、会社の経営についてのアドバイスをすることもあります。

そして株式を上場するのはすべての株式会社ができるわけではなく、株式単位数、時価総額、株主数、事業継続年数、利益額などに一定の基準があって、それをクリアしなければなりません。
これは証券取引所によって基準が異なりますが、厳しい審査を通過したことによって株を買ってくれる人に安心させるという意味があります。

また、上場企業になることによって会社側の信頼度も高まりますから双方にとってメリットがあるのです。
将来的に上場を考えている人はまずどのような基準が設けられているのか、過去の例なども参考に情報収集してみましょう。