投稿日:

起業するなら株式会社

これから起業して会社設立したいと考えている人もいると思いますが、その際にまず考えることはどんな会社形態にするかという点ではないでしょうか?
会社形態には株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4つがあり、それぞれ特徴はあるものの、一般的には株式会社がもっとも選ばれる確率は高いです。
日本ではほとんどの会社が株式会社として運営していますし、そうすることのメリットもたくさんありますので、初めて起業するなら一番おすすめなのは間違いありません。
それではなぜ株式会社が選ばれているのか、ここではそのあたりに言及していきたいと思います。

まず株式会社の最大の特徴は株式を発行できる点にあって、それを買って貰うことによって会社の運営資金に回すことができます。
株式を買ってくれるひとたちのことを株主と呼び、株主はただ株式を買ってくれるだけでなく経営にも関わる権利を持っています。
定期的に株主総会を開いてそこで会社の実績を報告したり、運営状況の確認をしますから、株主が増えることによっていろいろな角度からアドバイスをもらえます。
また、株主との交流も生まれますから人脈も広がりやすく、そこから新たなビジネスチャンスも生まれて会社を拡大することにも繋がります。

このように開かれた部分というのが最大の特徴であり、選択する人が多いところではないでしょうか?
会社を大きくしていくなら絶対に人脈が多いほうが良いですし、逆に孤立してしまうと経営はだんだん下火になっていきますので、積極的にコミュニケーションを取ることが求められます。

さらに信頼という面でも株式会社は有利で、これは多くの企業が株式会社ですから会社=株式会社という認識が定着しているからです。
もし自分が取引する場合、同じ条件で株式会社と合同会社ならおそらくほとんどの人が前者と取引したいと思うでしょうし、株式会社の持つブランド力はそれだけで意味がありますから、大きな強みになっているのです。