投稿日:

株式会社を設立する手段

これから会社設立する人のほとんどが株式会社を選択すると思いますが、株式会社を設立するための手段とはどのようなものがあるのでしょうか?
株式会社に限らず会社設立の手段は基本的に同じで、手続きに関して言えば多少の違いはあるものの最終的に登記手続きをしてそこで認められた時点で法人となります。

その前段階としての資金調達のやり方はいろいろな方法があり、自己資金を貯めてという人もいれば銀行などから融資を受けたり、助成金・補助金を利用したり、出資者を募ったりという手段も考えられます。
しかしまずは会社設立の流れをしっかり把握することが大切ですから、そこをしっかり押さえておきましょう。

それでは株式会社を設立するときの流れですが、まずは会社名と会社の所在地、事業の内容の3つを決めます。
会社名の決め方は基本的に自由で、自分の名前をそのまま使っても構いませんし好きな言葉や会社のスローガンにしたい言葉などを使う人もいます。
ひとつ注意しなければならないのがすでに商号登録されていると使えませんので、決まったら商号調査を行い会社名に使っても問題ないかチェックしてください。
会社の所在地は通勤や営業のときの往来のことや、勤務環境のことを考えてバランスの良いところを選んでください。
事業内容は経営者がどのような商品を売りたいかによって手段も変わってきますので、専門家からのアドバイスなどを受けながら決めることになります。

これらの基本事項が決まったら定款と呼ばれる書類を作成しますが、これには先ほど決めた基本事項に加えて会社の組織図となる機関設計や資本金などを記載します。
作成は紙でもできますが、今は電子定款が主流になっており外部に任せることが多いです。

定款が作成できたら公証役場で認証手続きを行い、それが終わったら資本金の払い込みを行ってください。
そして法務局へ行って登記手続きをしますが、必要書類に漏れがあると無効になりますので申請前に必ずチェックしておきましょう。