投稿日:

会社設立のお祝いメールの内容

会社設立

会社設立をお祝いするのなら、メールでメッセージを伝えるのが良いです。
昔は会社設立の際には、手紙やはがきを使っていたことが多かったのですが、近年は送る方も送られる方も面倒で手間がかかるということで、メールで伝えるとうことが多くなってきています。
確かにメールであれば好きな時に見ることができますし、好きな時に返信をすることも可能となるでしょう。
だからこそ、近年の会社設立のお祝いはメールで送るというのが通例となっています。
もちろん、正解や不正解はないので、どのような形式でも良いです。
中には電話で直接伝えることもあれば、口頭で伝えるということもあります。
ただ、やはり会社設立後というのはかなりドタバタしていて忙しいため、メールで送るのがマナーのようになってきていますね。
もしくは手紙やはがきなども良いです。
極力時間を割かずに済むもので、なおかつ邪魔にならないようにすることが重要です。

では、メッセージの内容はどのようなものにすれば良いのでしょうか。
これに関しては、やはり会社設立に関するお祝いのメッセージを送りましょう。
また、ただのお祝いだけではなく、その後の繁栄に関しても祈ることが重要です。
その他、取引先やクライアントとして交流が続くようであれば、その後の関係を継続できるように願うメッセージも必要となってきます。
日本では古来のやり方が重宝されるため、まだまだ手紙やはがきというところが多いです。
しかし、それらを受け取った場合は、当然ですが同様のもので返信しなくてはなりません。
メールであればパパッと返信できるのですが、手紙やはがきとなるとやはり手間も面倒もかかります。
そのため、むしろメールの方が重宝されることが多くなってきたと言えるでしょう。
あくまでも会社設立のお祝いは社交儀礼でもあるので、そこは可もなく不可もなくというのが良いです。
あまりにも主張すると逆に迷惑になるので、相手に負担をかけないお祝いにすることが重要となるでしょう。

まずはしっかりと考えて、その上で利用するようにしてください。
ちなみに会社設立のお祝いに関しては、落ち着いた頃に送るのが良いです。
もちろん会社設立直後に送っても良いですが、その間はパソコンなどの整備されておらず、確認できないということも多々あります。
少し落ち着いたらメッセージを添えて送ってみてはいかがでしょうか。
さすがに半年や1年以上となると遅過ぎますが、会社設立から数か月の間であればいつでも良いです。