投稿日:

会社設立の4つの手順

チェックリスト

・会社設立の手順を知っておこう!
今回は、会社設立の手順について、4つの流れを詳しく説明したいと思います。
基本的な流れは、書類の準備、定款登記、資本金払込み、登記申請の4つです。
ひとつずつ詳しく説明します。

・法人設立のための必要書類の作成
まずは、法人設立に必要な書類を、一つずつ作成していきます。
書類の不備が無いよう、早い段階で準備に取り掛かった方がいいでしょう。
事前に作っておいた方が良い書類は、印鑑登録証明書です。
こちらは、発起人と取締役それぞれ人数分を一部ずつ必要になりますので、取締役が複数にいる場合は事前に集めておく必要があります。
他にも色々な書類がありますので、できれば行政書士が司法書士などの専門家に、書類作成のアドバイスをもらうか、作成を代わりにやってもらった方がいいでしょう。

・定款の認証(定款登記)
まず最初に、準備しなくてはならない書類は「定款」です。
定款は紙で作成するのが一般的ですが、電子データにしたほうが収入印紙代4万円分を、節約できるのでおすすめです。
定款は一見すると法律の文章なので難しそうですが、雛形がネット上などで公開されていますので、そちらを元に書き直していけば、意外と簡単に作成することができます。
完成した定款は、電子定款の場合なら、PDF化して法務局のサイトにアップロードし、公証人役場に足を運ぶ流れになります。
公証人役場にて定款の認証が行われますので、まずはそれを終わらす必要があります。

・資本金の払込みと証明書の作成
定款の認証が済んだ後は、資本金の払込みと、払い込んだことを証明する書類の作成を行います。
これを資本金払込証明書というのですが、インターネット上を検索すれば作成の仕方が詳しく書いてありますので、そちらを参考にするといいでしょう。
ちなみに資本金を払込む口座は、発起人名義の口座になります。
現物資産等を会社の資本に組み入れる場合は、現物資産の調査報告書を作成して法務局に提出しなければなりません。

・登記申請手続き
ここからは、登記申請書を提出する段階です。
登記申請書の他にも、これまでに準備した印鑑登録証明書や印鑑届出書、発起人決定書、払込証明書、定款謄本などをまとめて法務局に提出します。
法務局での手続きは、だいたい一週間前後を目安にしておくといいです。
設立日は書類を提出して受理されたその日になるのですが、正式に会社設立ができるのは一週間程度先です。
ただ、法務局が空いていれば、もう少し早く手続きが完了する場合があります。
この辺りは、その時の状況によって変わりますので、余裕を持って手続きを行うようにしましょう。